¥290

萬世泰平圖説

江戸時代後期に出版された日本地図で1184年から1615年までの歴史的変動のあった各時代の勢力地図11枚を表したものである。

1.元暦(げんりゃく)元年は、1184年で後鳥羽天皇の時代

2.延元えんげん)二年は、1337年で南北朝の時代であり、元暦時代は、南朝方が後醍醐天皇、後村上天皇。北朝方が光明天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。

3.元中(げんちゅう)九年は、1392年。南北朝の時代であり、この時代の天皇は、南朝方が後亀山天皇、北朝方が後小松天皇。室町幕府将軍は足利義満であった。

4.応仁(おうにん)元年は、1467年で、この時代の天皇は後土御門天皇。室町幕府将軍は足利義政であった。

5.永正(えいしょう)六年は、1509年で、永正年間の天皇は後柏原天皇。室町幕府将軍は足利義澄、足利義稙の時代であった。

6.弘治(こうじ)二年は、1556年で、この時代の天皇は後奈良天皇、正親町天皇。室町幕府将軍は足利義輝である。

7.永禄(えいろく)十一年は、1568年で、永禄年間の天皇は正親町天皇。室町幕府将軍は足利義輝、足利義栄、足利義昭

8.天正年間は、1537年から1593年までで、この時代の天皇は正親町天皇、後陽成天皇。征夷大将軍は足利義昭であった。
(※天正年間の地図は3枚有)

9.元和(げんな)四年は、1618年で、この時代の天皇は後水尾天皇。江戸幕府将軍は徳川秀忠であった。