午後の教会


ウィーン郊外。ベートーベンの小道と呼ばれる先に、ベートーベンの生家がある。その横に小さで簡素な教会があった。

午後、誰もいない教会に入る。静寂、静謐の空気の中、ふと入り口の方に顔を向けると、入ってきたドアと窓から光があふれ出ていた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です